【航空会社社員が教える‼︎】2021年初日の出フライトオススメの航空会社はどこ!?




今年も残すところ、あと1ヶ月を切りましたね!!このブログを立ち上げたのが5月なので・・・早すぎだろ!!今度新人です!!

間も無くやってくる2021年の最初を空の上で過ごす特別な体験をしてみませんか??今年は新型コロナウイルスの影響で飛行機に乗る機会も少なかったかと思います。そして来年の初日の出フライトを実施する航空会社もかなり限られてしまっています。

そんな状況ですが、2021年初日の出フライトを行う航空会社は以下の通り!!

2021年初日の出フライトを行う航空会社
・日本航空
・全日空
・フジドリームエアラインズ
・春秋航空日本
(2020年12月8日現在)

上記の航空会社の中から関東圏内で特に今度新人がオススメしたい初日の出フライトは・・・。

【春秋航空日本】

になります!!

なぜ、春秋航空日本の初日の出フライトがオススメなのか?

まず、第一に価格です。他社平均が最安40,000円代なのに対し、なんと15,000円から乗れてしまうのです。

もちろん窓側の席は別途、座席指定料金の40,000円がかかりますが、それでも合計55,000円で乗れてしまいます。

さすがLCCといった価格設定であると思いました。

そして、豪華な付属品!!

4つのオリジナルグッズが付いてきます。

さらに、お茶かコーヒーが1杯無料で付いてくるです!!

また、追加料金が発生しますが、『特別おせち料理』を注文することも可能ですよ!!しかもお値段は2,021円。こちらは年号と同じ価格にしてきていますね。

この量で2,021円でしたらお得なのではないでしょうか??予約が必要なのでお早めに!!

どの席を狙ったらいいの!?

初日の出を見るのであれば、やはり窓側の座席でしょう!!窓側はやはり座席指定料金も高額であるため、安く初日の出をみたいのであれば、通路側から覗く形でもいいのではないでしょうか。

そして、気になる飛行ルートですが、こちらになります!!

このルートであれば、どちら側からでも見ることが可能ですね!!

しかし、初日の出観覧ポイントの後を見てください!!右側の座席の方が帰り道でずっと太陽の方を向いていることが分かります。つまり長時間太陽を見たい人(そんな見たい人がいるのか!?!?笑)は右側の座席をオススメします。

予約はいつまでできる!?

予約開始は11月20日からで12月31日まで販売しています。なお、完売しだい終了ということですので予約はお早めに!!

春秋航空日本初日の出フライトの予約サイトはこちら

まとめ

2020年は新型コロナウイルスの影響でなかなか外出できない日々が続いていたのではないでしょうか!?2021年の始まりは、飛行機に乗って久々の旅行気分を味わうのもいいかもしれませんね!!

初日の出フライトは座席が完売したら終了なので、乗りたい人はお急ぎください。

 

それでは〜〜




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA