春秋航空日本が日本航空の子会社化!?JAL系列のLCCが3社に!!




こんにちは!すごいニュースが飛び込んできましたね!!今度新人です。

アフターコロナを見据えてJALが春秋航空日本を子会社とするニュースがでました。

今回は、JALが春秋航空日本を子会社化するとどうなるのか?を中心にお伝えしたいと思います。

春秋航空日本がJALの子会社になるとどうなるのか?

結論から言います。

子会社化しても、何も変わらないと思います。

子会社になるということは、株の大半をJALが持つということなので、株主に変更がある程度でしょう。

実際、アメリカでもデルタ航空とコンチネンタル航空合併などがあったように、この先合併するということも無くはない話ですが、現段階では子会社なので、機体の塗装やロゴが変わるといったこともないと思われます。

中国の春秋グループであった春秋航空日本がJALグループに入るということは全く予測できなかったため、今後どのように変化していくのか楽しみですね。

JAL系列のLCCが3社に

今回の春秋航空日本子会社化でJAL系列のLCCは3社になります。

①ジェットスター・ジャパン
②ZIPエア
③春秋航空日本

この3社のLCCは強いグループになっているんではないでしょうか。

日本各地に就航しているジェットスター・ジャパン。

大型機導入で中長距離に適応させる予定のZIPエア。

中国に特化している春秋航空日本。

そして、世界中に翼を広げているJAL本体がいます。

国内、海外の近距離から中長距離までLCCで固め、少しリッチなフライトを希望する場合はJALに搭乗する。

完璧な形ができあがりつつありませんか??

末恐ろしいグループが形成されてきている気がします。

まとめ

国内の大手航空会社『JAL』と『ANA』。

JALのほうが一足先にLCCで路線を固めて来ている感じがします。

会社は違えど、グループですからLCCも大きくなればJALの手柄になりますよね!!

これからの日本の空は『JALグループ』と『ANAグループ』の2強になっていくんですかね。

ちょっと今後が楽しみでもあります(笑)

 

それでは〜〜

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA