iPhoneでも使えるUSB、XLR両方対応のダイナミックマイク『SHURE MV7』を徹底レビュー




今度新人から連日のマイク紹介です!!

USB接続コンデンサーマイクの最高峰として『Blue yeti X』をご紹介しましたが、今回はUSB接続ダイナミックマイクをご紹介します!!

その名も『SHURE MV7』です!!

この記事では

  • 音質の良いダイナミックマイクを探している
  • ダイナミックマイクでUSB接続したい
  • USB接続もXLRケーブル接続(マイクケーブル)も両方対応したマイクを探している
  • コンデンサーマイクかダイナミックマイクか迷っている

このような人に向けて記事を作成しています。

『SHURE MV7』はダイナミックマイクでありながらUSB接続にも対応している数少ないマイクですので、気になっている人はぜひ最後までチェックしていってください!!

『SHURE MV7』の特徴

まずは特徴から!!

製品名SHURE MV7
カラーブラック・シルバー
トランスデューサーダイナミック型
指向性単一指向性
マイク本体の長さ53.6mm
マイク本体の重量550g
Bit深度 / サンプリングレート24bit / 48kHz
接続方式MicroUSB-B to A
MicroUSB-B to C
XLR
ヘッドホン出力端子3.5mmプラグ
付属ケーブルMicroUSB-B to A(3m)
MicroUSB-B to C(3m)
価格29,800円

指向性について

指向性は単一指向性のみになります。

ダイナミックマイクになりますので、そもそも指向性の設定はありません。

『SHURE MV7』の接続方式について

『SHURE MV7』は「MicroUSB-B差し込み口」と「XLR差し込み口」の2種類の接続方式があります。

MicroUSB-Bはオーディオインターフェイスを介さなくても直接パソコンなどに接続できるので追加でオーディオインターフェイスを購入しなくても使用可能です。

一方、XLRケーブルを用いた場合は、オーディオインターフェイスを介してパソコンと接続するので、音質はMicroUSB-Bに比べてかなり向上します。

2種類の接続方法があるので、好みの接続方法で使用できます。

付属のケーブルについて

『SHURE MV7』に付属してくるケーブルは、

  • MicroUSB-B to A(3m)
  • MicroUSB-B to C(3m)

の2本になります。

どちらも3mとかなり長いケーブルが付属しているので、距離がある接続も問題なく行えます。

しかし、XLRケーブルの付属はありません。

XLRでの接続をしたい場合、別途ケーブルの購入が必要です。

対応デバイスについて

USB接続に対応しているため、WindowsPC、Mac、iPhone、Androidと様々なデバイスに対応しています。

唯一、公式HPで互換性が無いと記載されているのがiPadであり、MicroUSB-B to Cで接続しても動作しないと書かれています。

しかし、私の所有している『iPad mini6』では付属のMicroUSB-B to Cケーブルで動作確認ができましたので、動作しないiPadは限られているのかもしれません。

ただ、公式上iPadでの動作は不可と記載があるので、使用予定の人は気をつけてください。

また、iPhoneで動作させる場合は、別途Lightningケーブルが必要であり、SHUREから発売されている専用のものでなければ動作しない、と公式HPに記載があります。

ただし、これも私の持っているMicroUSB-AからLightningへの変換アダプタを使用して問題なく動作したので、変換アダプタをお持ちの方は、まず試してみたほうがいいかもしれません(笑)

『SHURE MV7』の使用感レビュー

では、実際に使用してみた感想とメリットをお伝えします。

メリット
  • ダイナミックマイク特有の高音質でノイズはほぼ無い
  • 物理ボタンではなくタッチセンサー式のため操作音が入らない
  • USB接続できる利便性が半端ない

ダイナミックマイク特有の高音質でノイズはほぼ無い

ダイナミックマイクといえば、感度が低くその結果ノイズが入りにくいことが挙げられます。

実際に『SHURE MV7』も集音感度はかなり低いです。

ゲインを最大にして少し声を張らないと中々集音されません。

その代わり、近くで扇風機を回していても、全く風切り音等が入ってこないのでホワイトノイズなどもほとんど入りません。

高音質でノイズなく声を届けたい場合、ダイナミックマイクは最高ですね!!

物理ボタンではなくタッチセンサー式のため操作音が入らない

『SHURE MV7』本体に物理的なボタンは一切ありません。

マイク中央にタッチセンサー式のゲイン調整とマイクミュート、ヘッドホン出力調整ができるパネルがあります。

タッチセンサー式のため、「カチッ」という物理的な音はしないので、マイクで会話中にも気にせずミュート切り替え等が可能です。

また、タッチセンサーに触れるだけでヘッドホン出力音量も調整できるので、マイクで会話中も気にせず調整できます。

ただ、物理ボタンではない、タッチセンサー特有の操作のしにくさはありますね!!

USB接続できる利便性が半端ない

これが『SHURE MV7』最大のメリットではないでしょうか!!

とにかくオーディオインターフェイスを介さないでダイナミックマイクを使用できるのです!!

この利便性は、図りしれず、実際『SHURE MV7』は三脚とセットになっているものも売っているのですが、三脚にiPhoneを取り付けて、その横に『SHURE MV7』を取り付けるといった、iPhoneのマイクをダイナミックマイクに拡張するといった使い方ができるのです。

私が所有しているのがiPhoneのため、iPhoneで説明しましたが、Androidでも問題なく使用できます(笑)

最近流行りのVlogなどをスマートフォンで撮影する人が増えていますが、高音質マイクでVlog撮影ができてしまいます。

正直いまのスマートフォンのカメラは申し分ないぐらい性能がいいですからね!!

『SHURE MV7』のデメリット

では、デメリットも見てみましょう。

デメリット
  • 三脚セットもあるが、基本マイクアームが必須
  • 『SHURE MV7』専用のソフトウェアはあるが、大した機能はない
  • 本体接続端子がMicroUSB-Bである
  • 価格が高い

三脚セットもあるが、基本マイクアームが必須

三脚とセットになった商品も売られていますが、マイク専用に作られた三脚ではありません。

基本セットには台座やマイクアームも付属していないので、台座かマイクアームは別途購入が必要になってきます。

また、本体重量が550gと重いので、マイクアームの選択も重量に耐えられる物を選択する必要があります。

『SHURE MV7』専用のソフトウェアはあるが、大した機能はない

『SHURE MV7』専用のソフトウェアとアプリがあり、オートモードとマニュアルモードから色々と細かく設定をすることができます。

しかし、まあ設定できることも少なく、正直無くても運用できるので、私はいらないかなと思いました。

本体接続端子がMicroUSB-Bである

『SHURE MV7』で最も残念なポイントです・・・。

本体接続がMicroUSB-Cであったらもう言うこと無い完璧な商品だったかもしれません(笑)

そのぐらいなぜMicroUSB-Bなのかと疑問に思ってしまいますね・・・。

まあケーブルの外れにくさなど、色々な面で決定したのでしょうが、指す方向が一定の面倒くささはあります。

価格が高い

ダイナミックマイクは比較的安価なイメージですが、このダイナミックマイクは値段もダイナミックです(笑)

まあそれだけ高性能ということですが、やはり3万円近いお値段なので、気軽に購入できるようなマイクではないです。

ただ、値段に見合った機能と拡張性をもっているマイクなので、デメリットではありますが、仕方ないのかなとも思いますね(笑)

ダイナミックマイクとコンデンサーマイクの違い

ここで少しマイクの違いをお話したいと思います。

ダイナミックマイクコンデンサーマイク
電源不要必要(USB接続タイプは不要)
耐久性丈夫で湿気にも強い振動と湿気に非常に弱い
感度低い高い
指向性単一指向性のみ指向性が選択できるものが多い
価格比較的安価比較的高価

簡単にご紹介するとざっとこんな感じです。

電源

まず、大きな違いは電源の有無です。

ダイナミックマイクは単体で電源を取らなくても稼働しますが、コンデンサーマイクは別途「ファンタム電源」が必要となります。

「ファンタム電源」は基本的にオーディオインターフェイスからXLRケーブルで給電されるため、特別なケーブルが必要ではないですが、オーディオインターフェイスが電源を確保できるところでしか使用できないため、コンデンサーマイクは使用場所が限られてしまいます。

ただ、最近はUSB接続タイプのコンデンサーマイクも多く誕生してきており、USB接続の場合は「ファンタム電源」は必要ないので、ご安心ください。

集音性と感度

次に集音性と感度が異なります。

ダイナミックマイクは、単一指向性なので、マイク正面の音しか拾いません。

また、感度も低いため、かなりマイクに近づいて話さなければなりません。

一方、コンデンサーマイクは広域で繊細な音まで集音することができるので、指向性を幅広く選択することができます。

  • 配信等で使用するならダイナミックマイク。
  • ASMRや対談、会議などをするならコンデンサーマイク。

といったところでしょうか。

正直、コンデンサーマイクの方が、様々な使用用途で活躍します!!

耐久性と価格差

ダイナミックマイクは振動、湿気にはトコトン強いです。

一方、コンデンサーマイクは振動や湿気で簡単に壊れてしまいます。
その上、コンデンサーマイクの方が高価で値段が高い印象があります。

もちろんマイクによって値段は異なりますが、XLRケーブルを必要とするコンデンサーマイクは高価なものが多いので、オーディオインターフェイスと合わせて購入する場合、かなりの金額になることに注意が必要です。

また、USB接続のコンデンサーマイクも、振動と湿気に弱いのは共通する事項なので、注意してください。

まとめ

今回はダイナミックマイクのUSB接続が可能な『SHURE MV7』をご紹介しました。

いまは配信者が増え、各社から様々な種類のマイクが発売されていますが、SHUREは老舗の音響メーカーでもあるため、品質は最高峰です。

また、USBで接続できるマイクは利便性に富んでいて、様々な端末に接続できるのが魅力的ですね!!

もちろんXLRケーブルでオーディオインターフェイスを介した方が音質は上がりますが、USB接続でも十分に高音質です。

気になった人はぜひチェックしてみてください。

その他のゲーミングデバイスが気になる人はこちら

それでは~~




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA