Logicool『G933s』の使用感を徹底レビュー




完全にヘッドセット難民になっている今度新人です。

今回ご紹介する商品は『Logicool G933s』になります!!

Logicoolヘッドセットのフラッグシップモデルであり、機能面もとても充実しているヘッドセットなので、詳しく見ていきましょう!!

G933sの使用感レビュー

『G933s』は『Logicool G PRO Xヘッドセット』とほぼ同じ機能を兼ね備えており、ワイヤレス機能も付いているのに値段が格安です。

G933sの外観

大きなヘッドカップが特徴です。

耳にあたることがなく、すっぽりと覆い隠してくれるため、耳が痛くなる心配は一切無用です。

耳にあたらず、耳の周りにしっかりと密着するので、完全に密閉してくれます。

スイッチ類は音量調節ダイヤルとマイクニュートボタン、そして割当可能なGキーが3つ付いています。

正直ヘッドセットのGキーは何を割り当てれば良いかわからず使用していませんが・・・(笑)

RBGはイヤーカップの付け根と耳外側のGマークが光ります。

光るパターンもGハブ機能で選べますので好きなライティングが楽しめます。

私は光らせないほうがバッテリーが長持ちするので光らせてはいません(笑)

G933sの内容物

『G933s』最大の特徴が有線・ワイヤレス両方に対応している点です。

そのため、内容物はUSBトランシーバーと有線接続用ケーブル、充電用ケーブルの3つと説明書類になります。

有線接続も可能なので、Nintendoスイッチなど他のゲーム機器でも使用できるのが嬉しいですね!!

G933sのメリット

・有線接続・ワイヤレス接続両方が可能
・側圧がやや強く耳が密閉される
・高音質なのに値段が安い
・マイクがヘッドセット本体に完全に収納される

有線接続・ワイヤレス接続両方が可能

USBトランシーバーを接続することでワイヤレスで接続が可能ですが、USBが刺さらない端末でも3.5mmプラグが付属しているので問題なく使用できます。

また、G933sのすごいところは、ワイヤレスと有線接続を同時に使用できる点なのです!!

パソコンにUSBで接続してゲーム音を聞きながら、スマホに有線で接続してLINE通話で会話するといった使用方法が可能です。

ヘッドセットの中で勝手に音声をミックスしてくれるのです。

この機能は最初必要か疑問に思いましたが、使ってみると便利で他のヘッドセットには乗り換えられなくなりそうですね(笑)

側圧がやや強く耳が密閉される

側圧は若干強めではありますが、イヤーパッドがフカフカなので耳の周辺が痛くなることはありません。

むしろピタッと耳を覆ってくれますので、音がダイレクトに鼓膜に響きます!!

イヤーパッドはとても大きく、耳に干渉しませんので耳が痛くなる心配もありません。

耳に乗せるタイプのヘッドセットに比べると長時間快適に着用できます。

高機能なのに値段が安い

Pro-G50mmのドライバーを搭載しており、7.1サラウンドにも対応しています。

この機能はG PRO Xヘッドセットと同じ機能であり、有線・ワイヤレス両方が使用可能です。

マイクがヘッドセット本体に完全に収納される

地味に嬉しい機能が、このマイクがヘッドセットに完全収納されることです(笑)

もちろんフリップアップニュート機能も搭載しているので、マイクを上げてトイレにだって行けちゃいます!!

マイクが要らない時も収納できてしまうので、視界に入らず、煩わしさもありません。

マイクが完全収納されるヘッドセットは中々無いので貴重な存在ですね(笑)

G933sのデメリット

・ヘッドセットが若干重い
・充電がMicroUSB端子である
・イヤーパットが合成皮革のため長時間着用すると蒸れる

ヘッドセットが若干重い

重量はワイヤレスヘッドセットの方がバッテリーを搭載しているため、重くなる傾向があります。

G933sも379gと400g以下ではありますが、重い分類に入ります。

私の感想では重くて首や頭が疲れるといったことはありませんが、女性には少し重く感じるのではないかと思います。

男女問わず、長時間の着用には向いていませんね!!

充電がMicroUSB端子である

発売日が2019年と比較的新しいヘッドセットではありますが、充電端子はMicroUSBを採用しています。

Logicool社の製品は基本的にMicroUSBを採用しているので、定番といえば定番ですが、最近の傾向的に上下無用のUSB-Cに変更していただきたいところでもありますね!!

イヤーパットが合成皮革のため長時間着用すると蒸れる

合成皮革のため密着感は高いですが、メッシュ素材と異なり、蒸れやすいというマイナス点があります。

合成皮革の方が高級感が合って好き!!という人もいるかと思いますので、ここは個人の好みの問題なのかと思いますが、私は長時間着用していると蒸れるので、せめて耳に触れる部分だけでもメッシュ素材にしてほしかったです(笑)

G933sの音質

音質はPro-G50mmドライバーを採用しているので申し分なくいい音です!!

『G733』よりも『JBL QUANTUM 600』よりも迫力を感じますね!!

足音についてはG-ハブのイコライザーを設定することにより、自分好みの音になりますので、定位感がつかめないといったこともありません。

7.1サラウンド機能もついていますが、私としては7.1サラウンド機能をオフにして、2.1ステレオで聞くほうが定位感はつかみやすく感じます。

7.1サラウンドは映画や音楽鑑賞にぴったりな機能なんでしょう!!

G933sはどんな人におすすめか

では、『G933s』はどんな人におすすめできるのかについてお話していきましょう。

G933sをおすすめできる人

・高音質の7.1サラウンドと2.1ステレオ機能を使用したい人
・本体重量が多少重くても音にこだわりたい人
・フリップアップニューと機能が欲しい人
・ヘッドセットに割当ボタンが欲しい人
・耳に乗せるのではなく、耳を包み込むイヤーパッドが好きな人
・有線もワイヤレスも両方使用したい人

G933sをおすすめできない人

・とにかく軽いヘッドセットが欲しい人
・充電端子がUSB-Cがいい人
・イヤーパッドがメッシュ素材がいい人

まとめ

今回は『G933s』をご紹介いたしました。

高機能高音質で有線でもワイヤレスでも接続可能な、超万能ヘッドセットです。

唯一の弱点は379gという重さかもしれません。

400g超えてないのでそこまでの重さではないですけど(笑)

そのぐらい欠点のない商品ですので、ぜひ試してみてください!!

その他のヘッドセットはこちら!!

おすすめのゲーミングデバイスはこちら!!

それでは~~




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUT US

今度新人
2020年5月にブログを開始した航空会社社員。大学生の時に台湾に留学し、中国語を習得。このブログでは、航空関係、中国語、台湾、留学、ゲームに関する情報を発信していきます。