RAZER ORNATA V3 このロープロファイルメカメンブレンキーボードは最高すぎた!!




こんにちは!!今度新人です。

今回ご紹介するのは、Razer社の最新メカメンブレンキーボードである
『Razer ORNATA V3』となります。

メカメンブレンキーボードであり、
ロープロファイル化した最新のキーボードをご紹介していきたいと思います。

この記事では

  • なるべく安くて性能がいいキーボードを探している。
  • メンブレンキーボードかメカニカルキーボードか悩んでいる。
  • ロープロファイルキーボードを探している。

このような人たちに向けて書いています。

それでは早速ですが、
製品の紹介と使用感レビューをお伝えしていきたいと思います。

行ってみましょう!!

Razer ORNATA V3の特徴

まずは、『Razer ORNATA V3』の特徴から!!

  • メカメンブレン式のキーボードである
  • フルサイズキーボードである
  • ロープロファイルキーボードである

メカメンブレン式のキーボードである

この『Razer ORNATA V3』最大の特徴が、
メカメンブレンキーボードであることです。

キーボードには2種類のキースイッチがあり、

  • メンブレン式キーボード
  • メカニカル式キーボード

少し脱線して2種類のキーボードの違いを説明します。

メンブレン式キーボード

メンブレン式の特徴は、
1枚のシートスイッチを使用した低コストのキーボードです。

キーの下にラバーカップが取り付けられており、
打鍵感がほぼ無く、音が静かで安価なことが特徴です。

ちなみに、Apple社のバタフライ式キーボードもメンブレン式に該当します。

メカニカル式キーボード

メカニカル式の特徴は、
キーが1つずつ独立している軸の種類を選択できるキーボードです。

キーが独立している分、値段は高価になりますが、
キー単体でメンテナンスや故障対応ができるというメリットがあります。

また、軸の種類によって打鍵感が異なるため、
好みの軸を選択することも可能です。


そして、今回の『Razer ORNATA V3』はメカメンブレン式!!

いわゆるメンブレン式とメカニカル式の間のキーボードです。

Razer社独自の企画であり、
「メカニカル風のメンブレンキーボード」という位置づけなので、
メカニカル式の押したという打鍵感は残しつつも、
1枚シートスイッチを採用しているため、安価で提供できる様になっています。

フルサイズキーボードである

好みによりますが、
フルサイズは事務作業を行う際に役立つテンキーが付いています。

このテンキー付属が数字の入力速度向上に役立つので、
事務作業もゲーミングもどちらも同じキーボードで行いたい人は
フルサイズキーボードがおすすめです。

逆に、ゲーム用としてしか使用しないのであれば、
フルサイズキーボードは幅を取り、
マウスの可動域を邪魔するのでおすすめはできません。

ロープロファイルキーボードである

ここが最大の特徴と言っても過言ではありません。

いままで『Razer ORNATA V3』の発売までに『Razer ORNATA Chroma 』、『Razer ORNATA V2』とメカメンブレン式キーボードが発売されてきました。

しかし、どれもロープロファイルキーボードではありませんでした。

私は狂ったほどのロープロファイル信者なので、
これまでも数々のロープロファイルキーボードを使ってきましたが、
Razer社からロープロファイルキーボードが発売されたのは初となります。

ロープロファイルキーボードの利点は、キーが平べったく、
押し込み加減も深くないことです。

また、打鍵感がノートパソコンのキーボードに似ているため、
ノートパソコンのキーボードが好きな人には刺さると思います。

Razer ORNATA V3の性能

では、基本的なスペックから!!

サイズ

フルサイズキーボード

キースイッチ

メカメンブレンスイッチ

全体の高さ

27.05mm

キーキャップの高さ

4.4mm

メディアキー

有り

ゲーミングモード

有り

ライティング

Razer Chrome RGB1,680万色対応

パームレスト


付属


ケーブル

有線接続(ケーブル取り外し不可)

価格

Razer公式価格 9,480円(税込)

魅力的なのは価格ですね!!

1万円以下で買えるパームレスト付きのフルサイズキーボードなんです!!

Razer ORNATA V3の使用感レビューとメリット

実際に使ってみた感想をお伝えしたいと思います。

主に感じたメリットはこちら

メリット
  • メカメンブレンの打鍵感が斬新で快適
  • ロープロファイルなので打ちやすい
  • 付属のパームレストの触り心地が最高
  • ロープロファイルキーボードの中では安価である

メカメンブレンの打鍵感が斬新で快適

メカメンブレン式のキーボードは初体験でしたが、
本当に押し心地が特殊です(笑)

メカニカル式の青軸のような引っ掛かりと打鍵音はあるのですが、
青軸に比べると静かであり、押す際と押し戻る際に引っ掛かりを感じます。

しかし、なんというか心地よい打鍵音であり、
またこの引っ掛かりが誤入力を抑えてくれていると思います。

本当に打鍵していて楽しいキーボードであると言えますね!!

ずっと押していたくなるような、そんな感覚にさせてくれる打鍵感です。

ロープロファイルなので打ちやすい

これはロープロファイル信者からしたら当たり前のことなのですが、
やはりキーを打ちやすいです。

ただ、ロープロファイルキーボードも高さは様々であり、
土台の高さも考慮すると、
ロープロファイルキーボードのなかでも少し高めかなと感じます。

付属のパームレストを使用すると絶妙な高さになるので、
付属のパームレストを使用することをおすすめします。

付属のパームレストの触り心地が最高

表面がラバーコーティングされたプラスチック製のパームレストです。

Razer社の高級なキーボードを購入するとフカフカな革張りのパームレストが
付属してくる商品もありますが、あくまでも安価な分類のキーボードなので
そこまで良いパームレストが付属してくるわけがありません。

しかし、沈んだりしない分、しっかりと手首が固定でき、
ラバー素材なので汗などが染み込む心配もないので、使い勝手がいいです。

また、ラバー素材の触り心地もサラサラとしていて気持ちがいいので、
付属のパームレストで満足できると思います。

ロープロファイルキーボードの中では安価である

ロープロファイルキーボードは基本的にメカニカルキーボードであり、
メンブレン式は珍しいです。

今回の『Razer ORNATA V3』もメカメンブレンなので
メンブレンキーボードではありませんが、
ロープロファイルで1万円以下の商品は初めて見ました。

安価なものでも1万円ちょっとしますし、
最高峰のG913は驚異の3万円超えです(笑)

なんでロープロファイルキーボードって高いんですかね・・・。

まあ、そんな中でも1万円以下で購入できるので、
比較的安価なロープロファイルキーボードではないでしょうか!!

Razer ORNATA V3のデメリット

また、使用してみて感じたデメリットもお伝えします。

デメリット
  • 打鍵感が特殊
  • 打鍵時の音が大きい
  • フルサイズキーボードしかない
  • US配列でアメリカでしか販売されてない(2022/07/14現在)

打鍵感が特殊

好みの問題だと思いますが、打鍵感が特殊です。

正直言って、いままでのキーボードとは違った打鍵感になっています。

こればっかりは実際に打鍵してもらうのが一番いいとは思うのですが、
上手く言葉で伝えるならば「引っ掛かりの強い、音の大きなメンブレン」
といったところでしょうか。

感覚的にはメカニカルキーボードの青軸なんですが、
青軸よりもキーが戻ってくるまで少し時間がかかるといいますか、
しっかり押してるという感覚が強いです。

打鍵時の音が大きい

メカニカルキーボードの茶軸赤軸に比べると音は大きいです。

ただ青軸と比べると若干音は静かかなといったところでしょうか。

ゲーム時には確実にマイクに打鍵音が入ります。

そのぐらいの音量はありますが、
このクリック音が好きという人もいると思うので、
青軸より少し静かというのは利点なのかもしれません。

どちらにしろ、音は出ます!!

フルサイズキーボードしかない

『Razer ORNATA V3』はラインナップにフルサイズしかありません。

テンキーレスモデルや60%キーボードが欲しい人は、
別のキーボードを探すしかありません。

US配列でアメリカでしか販売されていない(2022/07/14現在)

これは現在の話ですが、いまのところ日本国内では未発売の商品ですので、Razer公式サイトでUS配列のみの購入しかできません。

Amazonでの取り扱いもありません。

しかし、Razer公式サイトにはJIS配列のラインナップが選択できるように
なっているので、近々日本でも販売が開始されるのではないかと思います。

JIS配列がいい人はもう少し待つ必要があります。

『Razer ORNATA V3』と『Razer ORNATA V2』の違い

『Razer ORNATA V3』はどこが変わったのか。

以前の『Razer ORNATA V2』と比較してみてみましょう。

【変更点比較表】

Razer ORNATA V3


Razer ORNATA V2

全体の高さ

27.05mm

32.54mm

メディアキー

ボタン式

キーキャップ式とホイール

パームレスト

ラバー素材

ソフトレザー素材

価格

Razer公式価格 9,480円(税込)

Razer公式価格 12,588円(税込)

変更点だけを抜き出してみました。

全体の高さ

キーボード全体の高さですが、
『Razer ORNATA V3』からロープロファイルになっているので、
低くなっていることがわかるかと思います。

メディアキー

『Razer ORNATA V2』では、
キースイッチの形をした再生停止および先送りと逆戻しで、
ホイール式の音量調整でした。

しかし、『Razer ORNATA V3』ではボタン型になり、
音量調整と再生停止のみになりました。

この点は以前の『Razer ORNATA V2』のほうが使い勝手がよく、
優れていたかと思います。

パームレスト

『Razer ORNATA V2』ではソフトレザー素材である、
いわゆるフカフカが付属していましたが、
『Razer ORNATA V3』では、
ラバー素材の硬いパームレストが付属しています。
これは恐らくロープロファイルになり、
ソフトレザー素材では高さがですぎてしまうために
変更されたのではないかと思います。

価格

『Razer ORNATA V3』と『Razer ORNATA V2』では
価格差が3,108円あります。

これも推測で申し訳ないのですが、
メディアキーのホイール廃止とパームレストの変更による価格差
なのではないかと思います。

とにかく重要なのは『Razer ORNATA V3』は1万円以下という点です(笑)

『Razer ORNATA V3』と『Logicool G913 TKL』との比較

さて、これは私がいままで一番愛用していた
ロープロファイルキーボードとの比較になります(笑)

Logicool G913 TKLの詳細はこちら

他社の同じロープロファイルキーボードで比較してみました。

Logicool G913を持っていなかったので、
テンキーレス版との比較になってしまいます。

【主要比較表】

Razer ORNATA V3

Logicool G913 TKL

全体の高さ

27.05mm

22mm

キーの種類

メカメンブレン式

メカニカル式

メディアキー

ボタン式

ボタン式&ホイール

ケーブル

有線接続

無線接続

ゲーミングモード

有り

有り

ライティング

Razer Chrome RGB 1,680万色対応

Logicool G HUB対応

パームレスト

付属有り

付属無し

価格

Razer公式価格 9,480円(税込)

Logicool公式価格 30,360円(税込)

全体の高さ

ここはやはり『Logicool G913 TKL』のほうが低いですね。

キーの高さは差ほど変わらないのですが、本体の部分の高さに差があります。

より低いキーボードが欲しい人は、
『Logicool G913 TKL』を選んだほうが幸せになります。

キーの種類

ここは明らかに異なるところですが、
『Razer ORNATA V3』はメカメンブレン式一択であり、
『Logicool G913 TKL』はメカニカル式で青軸、茶軸、赤軸から
好みの軸が選択が可能です。

メディアキー

これはどちらもボタン式ですが、ボタンの種類が異なります。

『Logicool G913 TKL』はどちらかといえば『Razer ORNATA V2』の時の
配列をボタン式にしたような作りになっています。

また、音量調整はホイールで対応しています。

ケーブル

『Razer ORNATA V3』は有線接続のみです。

一方『Logicool G913 TKL』は有線、無線、Bluetoothの
3種類の接続方法があります。

ゲーミングモード

これはどちらも付いていますが、
『Razer ORNATA V3』は「ファンクションキー」を押しながら「F10」を押すという二段階の手順を必要とします。

『Logicool G913 TKL』は左上のボタンを押すだけです(笑)

ライティング

光り方は『Razer ORNATA V3』のほうがシートスイッチ全体が光るので、
キレイに光っていると感じます。

『Logicool G913 TKL』も光りますが、キーの下が個々に光る感じなので、
光り方は若干控えめと言った感じです。

パームレスト

『Razer ORNATA V3』には付属していますが、
『Logicool G913 TKL』には付属していません。

しかし、『Logicool G913 TKL』は極端に低いため、
パームレストはかえって邪魔になると思います。

私も『Logicool G913 TKL』を使用する際はパームレストは使っていません。

手首の位置がキーより高くなってしまうんですよね(笑)

価格

ここは正直言って比べることが意味不明な感じですが、価格差は約2万円です。

ただ、ちょっと考えてみてください!!

価格差は約2万ですが、
本格的に違うところはキーの種類とテンキーレスという点だけです。

もちろん多少の外観の違いはありますが、
3万円のキーボードと1万円以下のキーボードに
ここまで大差がないのはすごくないですか!?!?

まあ、『Logicool G913 TKL』はアルミフレームであったり
色々高級な見た目にもこだわっているので
本当は比較対象としてはおこがましい相手なんですがね(笑)

でも『Logicool G913 TKL』を購入するか検討中だった人、
特に値段で購入に踏み切れていなかった人は、
一度『Razer ORNATA V3』を触ってみてください。

あれ??有りかも!!って思いますよ!!

まとめ

今回は『Razer ORNATA V3』をご紹介しました。

メカメンブレン式キーボードで、
初のロープロファイルということで期待して購入しましたが、
期待を遥かに上回るほどの最高のキーボードでした。

ゲームでも良し!!

タイピングでも良し!!

1万円以下でここまでのキーボードは、なかなかないのではないでしょうか。

特にメカメンブレン式という独特な打鍵感が癖になります!!

初めてのゲーミングキーボードにもおすすめですが、
メカニカル式を使っていて、
メカメンブレン式という新たなジャンルを体験してみたい人に
特におすすめします!!

私がメカニカル式をずっと使っていて、
今回始めてメカメンブレン式を試したので(笑)

『Razer ORNATA V3』の購入はこちら(Razer公式HP)

現在Amazonや楽天での公式の取り扱いはありません。
もし売っている場合は、価格に注意してください。
こちらでも販売が開始されたらご案内します!!

その他のゲーミングデバイスはこちら

それでは~~




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA