MacBook Air 2020年モデルを購入して使用してみた感想




ついに購入してしまいました。

MacBook Air 2020年モデルゴールド!!

今回は、私が今まで使用していた”MacBook Pro 2015年モデル”と比較し、
どこが変わって、使いやすくなっているのか、
外観を中心にお伝えできればと思います。

なぜMacBook Air に買い替えたのか

私は今までMacBook Proを使用していました。
しかし、今回新しく購入したのはMacBook Airです。

なぜ、MacBook Airにしたかと言うと、
ブログ執筆や、ネットサーフィン、YouTube閲覧ぐらいしか、
パソコンで行わないため、MacBook Proではオーバースペックだったのです。

ほとんどその機能を無駄にしていたといっても過言ではありません。
なので、今回は安くても高性能と言われている
MacBook Airに変更することにしたのです。

今回購入したMacBook Air 2020年モデルのスペック

スペックに関しては、”Pro”から”Air”に買い替えてはいますが、
”Pro”は5年前のものなので、”Air”とはいえ、性能は向上していますね。

今回購入したMacBook Airはこちら!!

  • CPU : 第10世代の1.1GHzクアッドコアIntel Core i5プロセッサ
    (Turbo Boost使用時最大3.5GHz)
  • メモリ: 8GB 3,733MHz LPDDR4Xメモリ
  • SSD : 512GB SSDストレージ

上記の使用用途であれば、このぐらいのスペックで問題ないと判断しました。

MacBook Pro2015年モデルから変わったところ(外観)

5年前の製品から比べると外観は、かなり変わっていますね(笑)

私が使用していたMacBook Pro2015年モデルは、
まだサイドに『HDMI』、『SDカードスロット』、『USB端子』が付いています。

しかし今回購入したMacBook Airには『USB-C端子』が2つと
イヤホンジャックが1つしか付いていません。

本体の重さに関しては、200gしか軽くなってないのですが、
かなり軽くなった印象です。

また、キーボードが劇的に変わりました。

私はバタフライキーボードと呼ばれるものを使用したことがないのですが、
(そもそも、MacBook Pro2015年モデルは、
バタフライキーボードが採用される前のモデルでした。)

そのため、バタフライキーボードとの比較はできませんが、
それ以前のキーボードと今回のキーボードを比較すると、
本当に押しやすくなっています。

音が出る箇所が、キーボードの下であったため、
キーボードに厚みがあったのでしょうか!?

まとめ

5年間も買い替えていないとApple製品は劇的に進化を遂げてしまっていますね。
やはり、それなりのスパンで買い替えていった方が良いのか
と思ってしまうほどです。

今回の買い替えは、本当によかったと思っています。

新しくなったMacBook Airで必死にブログを書くぞ!!

それでは〜〜




ABOUT US

今度新人
2020年5月にブログを開始した航空会社社員。大学生の時に台湾に留学し、中国語を習得。このブログでは、航空関係、中国語、台湾、留学、ゲームに関する情報を発信していきます。