【航空会社社員が教える‼︎】春秋航空日本のリアルな評判!!春秋航空日本はどんな会社!?




旅行するなら絶対LCCに乗るべきだと思っている今度新人です!!

LCCは航空券代も安く、サービスもそれなりに充実していると言いますが、実際はどうなのでしょうか!?

ジェットスターやピーチアビエーションは、多くの評判記事を見かけたのですが、
春秋航空日本についての評判記事はあまり見かけなかったので、
今回は『春秋航空日本』にフォーカスして、

  • 春秋航空日本って実際どうなの?
  • 中華系の航空会社なの?
  • スタッフとかもみんな中国人?
  • どこに就航しているの?
  • 乗ってみた感想は?

と言った疑問を解決していきたいと思います。

なお、LCCについては、別途こちらの記事を読んでみてください。

それではいってみましょう〜!!

春秋航空日本とはどんな航空会社なのか

そもそも『春秋航空日本』とは、中国の航空会社なのでしょうか?

結論から言うと日本の航空会社です。
中国に所属している『春秋航空』を親会社とした、日本で設立された子会社になります。
別名も『Spring japan』と呼ばれ、現在は『Spring』と言う新ブランド名で運営していると言うことです。

呼称が何個もあり、ややこしいですが、
正式名称は『春秋航空日本』。
略称は『Spring Japan』
ブランド名は『Spring』。
と言ったところですね!!

日本航空で言う、
正式名称『日本航空』。
略称は『JAL』。
みたいなとこです。

中国の航空会社である『春秋航空』とは異なり、
使用機材はB737で、日本のLCCでは唯一のボーイング社製の飛行機を採用しています。

また、運航乗務員、客室乗務員のほとんどが、日本人であり、
中国人客室乗務員も日本語による日本での採用です。

春秋航空日本の就航先はどこ

さて、春秋航空日本はどこに飛んでいっているのか、お話ししたいと思います。

国内線
  • 新千歳
  • 広島
  • 佐賀

国内線は3路線のみの就航ですが、
このうち『広島』と『佐賀』は日本のLCCで就航しているのは春秋航空日本のみです。
『広島』と『佐賀』にLCCで旅行する際は、春秋航空日本一択ですね!!

国際線
  • 重慶
  • 武漢
  • 天津
  • ハルビン
  • 寧波
  • 上海

国際線は中国のみで、6都市に就航しています。
中国路線はマイナーな就航地も多く、
親会社が中国であるという強みを生かしている感じがありますね!!

ちなみに、上海以外は日本のLCCで、他社が就航している就航地はありません。

こうして見ると、国内線はできるだけ他社との競合を避ける就航地を選び、
国際線は、中国に特化した航空会社ということがわかります。

春秋航空日本の評判は

多くの評判サイトで『普通』という評判を見ます。

普通って何!?(笑)

「これは実際に乗ってみて、普通とは何か確かめてみなければ!!」
と思い、昨年、広島路線に搭乗してきました。

……普通です(笑)

とびきりこのサービスがよかった!!
とか、
ここが他社と違ってよかった!!
とか、
そういうものはありませんでした。

ただ、本当に快適でした。
機体も新品のため綺麗ですし、客室乗務員の接客も文句なしです!!

それこそ、この価格でフルサービスキャリアと何が違うのと思うくらい、
しっかりとした接客であり、機内空間作りでした。

逆に、これを普通と思うのは、おこがましいのですかね!?
それぐらい快適で、いい意味での『普通』な航空会社でした。

LCCの魅力は航空券代です!!
価格以上を求めるのは良くないのかと思ってしまいますが、
この価格でここまでのサービスを提供してくださるのであれば、
次回も乗りたいと思える航空会社ですね!!

どうでもいいかもしれませんが、
客室乗務員は若い方が多かったです。
皆さん20代ぐらいですかね!?

私の印象だと客室乗務員は、
カッコいいお母さん世代が乗務しているイメージが強いのですが、
それは、アメリカの航空会社のイメージなんですかね(笑)

まとめ

今回は春秋航空日本にフォーカスをあてて、どんな航空会社なのかをお話ししてきました。

評判は『普通』ですが、
価格に対して『普通』というのは間違っていると思うぐらい『快適』な航空会社でした。

広島と佐賀、中国に旅行したいという方は、一度使ってみてはいかがでしょうか。
快適な空の旅が楽しめますよ!!

他社のLCCレビュー記事も参考にしてみてください。

 

 

それでは〜〜